WordPress(ワードプレス)ブログの始め方!author slug 編集プラグイン Edit Author Slug

Edit Author Slugプラグインは投稿者アーカイブに表示される「Author Slug」の値を別の値に変更できるプラグインです。セキュリティ上の理由からWordPressのユーザー名は外部に分からないようにしておくことが望ましいですが、ユーザー名から自動で作成される「Author Slug」の値が投稿者アーカイブに表示されてしまうためデフォルトの状態ではユーザー名が簡単に分かってしまいます。このプラグインを使用することで「Author Slug」の値を別の文字列に変更しユーザー名を隠すことができるようになります。ここではEdit Author Slugプラグインのインストール方法と使い方について解説します。

引用元:AdminWeb

・・・・・・・・・・・・・
いったい何のことを言っているかわかりません。
では、ご自信のサイトのURLの最後に /?author=1 とつけて表示させてみてください。

https://dekiruwordpress.com/
に/?author=1をつけて
https://dekiruwordpress.com/?author=1
で表示させてみてください。

https://dekiruwordpress.com/?author=1

で表示させると
https://dekiruwordpress.com/woops/dontdothat/
ココはすでにこのプラグインで変更してありますが
ここが
https://dekiruwordpress.com/author/********/
この********が投稿者アーカイブです。
WordPressではデフォルトでこのような設定になっています。
そして、この投稿者名がデフォルトでは、このログインのユーザー名なのです。

このユーザー名のみではもちろんログインは出来ないのですが、セキュリティー上このユーザー名が外部に漏れるのは望ましくはありません。

コレをまったく違うものに変更するプラグインがEdit Author Slugです。

 

スポンサーリンク

ニックネームとブログ上の表示名の設定

まずは、ココを変更しましょう。

デフォルトでは、”ユーザー名”、”ニックネーム”、”ブログ上の表示名”が同じになっているので、”ニックネーム”、”ブログ上の表示名”を差しさわりの無いものに変更しましょう。

“ユーザー名”は変更できないのですが、ココが先ほどの方法で見えてしまうので、Edit Author Slugで実際のユーザー名とは違う名前で表示されるように設定します。

 

Edit Author Slugの設定

プラグインの追加方法は割愛します。

追加したら”ユーザー一覧”の部分で、実際に表示される名前を設定します。

 

また、Edit Author Slugの設定で、
https://dekiruwordpress.com/author/********/
のauthorの部分を変更することも出来ます。

 

これで
https://dekiruwordpress.com/?author=1
と入力しても、
https://dekiruwordpress.com/author/実際のユーザー名/
と表示されずに
https://dekiruwordpress.com/woops/dontdothat
と表示されるようになります。

以上です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました